60代の腰痛改善に必要なこと

60代から腰痛になる人が増えている
60代の腰痛それまで痛くなったことが無かったのに、60代になってからの腰痛で悩んでいる、という方は多いようです。

適切な処置を怠り、定年後に一気に症状が悪化してしまう、という方もいらっしゃいます。

腰の痛みをかばいながら生活するうちに、膝や股関節など、腰以外の場所を痛めてしまう場合もあります。

腰痛に関する詳細はこちら

60代で腰痛になってしまう理由
腰痛は、筋肉が硬くなるだけでなく、腰の骨(腰椎)や骨盤にゆがみが生じることで起こることが多くあります。

ただし60代以上の方の場合、それに加えて「筋力の低下」から来る腰痛も多くなります。

特に背骨や骨盤を支える筋肉などが減少すると、お風呂掃除や草むしりなど、今までは何でもなかったことで腰痛に発展してしまうことが多くなります。

60代の腰痛を改善するためには
一般的な腰痛を改善するためには、硬くなった筋肉だけでなく、ゆがんだ骨盤や腰の骨(腰椎)を整えることが必要です。

それによって一時的な対症療法ではなく、根本的な症状の改善へとつながっていきます。

さらに60代の方の場合、正しい姿勢や日頃からの運動など、腰も含めた様々な筋力の低下を防ぐことも重要です。

それが腰痛になりにくい体づくりにもつながっていきます。

こもれび整骨院での「60代の方の腰痛」改善の流れ
こもれび整骨院の60代の腰痛改善腰痛の場合、こもれび整骨院では、筋肉を調整するだけでなく、骨格・骨盤のゆがみを整える矯正を行い、腰痛を根本からしていきます。

60代の方の場合、そのうえで普段取って頂く姿勢や、日ごろ行って頂きたい腰のケアなど、腰痛が再発しない体づくりをしっかりサポートしていきます。

60代の腰痛でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

施術内容の詳細はこちら

初めての方限定!骨格・骨盤のゆがみチェックコース予約受付中
現在こもれび整骨院では、「初めての方」に限り、『骨格・骨盤のゆがみチェックコース(無料)』のご予約を受け付けております。

60代の腰痛でお悩みの方は、この機会にぜひご利用ください。

『ゆがみチェックコース(無料)』の詳細はこちら

関連ページ

上へ戻る