抱っこによる腰痛でお悩みの方へ

抱っこによる腰痛がなぜ多いのか
抱っこによる腰痛赤ちゃんの抱っこを繰り返すうちに、腰痛がひどくなったという症状を訴える方がよくいらっしゃいます。体の前で子どもを抱っこし続けることで、それを支える腰の筋肉には大きな負担がかかり、どんどん硬くなっていきます。

ただでさえ産後は骨盤がゆがんでいることが多いのですが、硬くなった腰まわりの筋肉に引っ張られる形で骨盤や腰の骨(腰椎)にゆがみ生じ、腰の痛みが悪化してしまうのです。

腰痛に関する詳細はこちら

抱っこによる腰痛がマッサージだけで改善しない理由
マッサージなどをして一旦楽になっても、すぐに痛みが再発する方もいらっしゃいます。育児の忙しさから、抱っこの後に腰の筋肉を全くケアしていない方や、そもそも腰に負担がかかる抱っこの仕方をしている方が多いようです。

またいくら筋肉をケアしても、腰の骨や骨盤がゆがんだままでは特定の筋肉や関節に負荷がかかり、すぐに腰痛の症状が再発しかねません。

抱っこによる腰痛を改善するためには
抱っこによる腰の痛みを改善するためには、「筋肉」と「骨」の両方をケアしてあげることが必要です。硬くなった腰の筋肉はもちろん、ゆがんだ腰の骨や骨盤を元の位置に戻してあげることで、腰の痛みを根本から改善する効果が期待できます。

また腰痛の再発を防ぐためには、抱っこの後にストレッチを行ったり、正しい姿勢や体の使い方を意識したりするなど、普段から腰のケアをしてあげることも重要です。

こもれび整骨院での「抱っこによる腰痛」の場合の流れ
こもれび整骨院の骨格・骨盤矯正こもれび整骨院では、お身体の状態を確認した後、まずは硬くなった腰の筋肉を調整し、体全体の筋肉バランスを整えていきます。その上で、ゆがんだ腰の骨や骨盤を調整する「骨格・骨盤矯正」を行うことで、腰の痛みの根本改善を目指していきます。

さらに普段の体の使い方や、抱っこ後に行って頂くストレッチなどのアドバイスをさせて頂き、抱っこによる腰痛が再発しないための体づくりを目指していきます。

骨格・骨盤矯正の詳細はこちら

初めての方限定!骨格・骨盤のゆがみチェックコース予約受付中
現在こもれび整骨院では、「初めての方」に限り、『骨格・骨盤のゆがみチェックコース(無料)』のご予約を受け付けております。

抱っこによる腰痛でお悩みの方は、この機会にぜひご利用ください。

『ゆがみチェックコース(無料)』の詳細はこちら

関連ページ

上へ戻る