授乳による腰痛でお悩みの方へ

なぜ授乳で腰痛になるのか
授乳による腰痛「授乳する度に、腰が痛くて…。」

そう言って来られる方が、時折いらっしゃいます。

出産後の骨盤はゆがんでいることが多く、それに加えて前かがみになる授乳の姿勢が、腰を支える筋肉や関節に負担をかけ、腰痛を引き起こします。

また痛みがそれほど無くても、何度も授乳を行ううちに腰周辺の筋肉に疲労が蓄積し、ぎっくり腰を引き起こす場合もあります。

腰痛に関する詳細はこちら

授乳による腰痛が繰り返される理由
腰の痛みを改善するため、マッサージやストレッチなどを行っても、すぐに症状がぶりかえしてしまうという方もいらっしゃいます。

硬くなった筋肉だけを改善しても、腰の骨(腰椎)や骨盤がゆがんだままでは、授乳時にまた同じ場所に負担がかかり、症状が再発してしまうのです。

またそもそも腰に負担を与える姿勢で授乳していたり、間違ったケアをしている場合も多く、それらを改善しない限りはいつまでたっても腰痛は繰り返されてしまいます。

授乳による腰痛を改善するためには
授乳による腰痛を改善するためには、腰はもちろん、抱っこによって肩や背中、下半身など、思いもかけない筋肉が硬くなっている場合もあるため、全身の筋肉バランスを改善してあげることが大切です。

さらに授乳だけでなく、出産時にゆがんだ骨盤が腰痛の原因になっていることも多く、骨盤や腰の骨などのゆがみを整えることも、腰痛の改善には重要です。

また再発を防ぐためには、授乳時の姿勢や授乳後のストレッチなど、日頃からの腰のケアも必要です。

こもれび整骨院の「授乳による腰痛」の場合の流れ
こもれび整骨院の授乳による腰痛の流れこもれび整骨院では、全体の筋肉バランスを確認した上で、腰だけでなく、全身の筋肉を調整していきます。

そのうえで腰の骨を含めた骨格、および骨盤の矯正を行い、腰痛の根本改善を図っていきます。

さらに腰に負担をかけにくい姿勢や授乳後のストレッチなどもアドバイスさせて頂きながら、症状の再発を防ぐための体づくりを目指していきます。

ベビーカーもそのまま入れるので、授乳による腰痛でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

骨格・骨盤矯正に関する詳細はこちら

初めての方限定!骨格・骨盤のゆがみチェックコース予約受付中
現在こもれび整骨院では、「初めての方」に限り、『骨格・骨盤のゆがみチェックコース(無料)』のご予約を受け付けております。

授乳による腰痛でお悩みの方は、この機会にぜひご利用ください。

『ゆがみチェックコース(無料)』の詳細はこちら

関連ページ

上へ戻る